トップ  >  「炭素埋設」  >  実証例

◎ 実証例


炭素260トンが創り出す癒しの地

日本初!天然記念物・大藤の移植に成功!

 

「あしかがフラワーパーク」が1996年同市の迫間町に移転。園の敷地面積82,000屐L省で知られているフジの巨木4本の移植作業が行われた。
フジはいずれも樹齢100年以上、幹回り2m、直径が60cm以上もあり、移植は不可能といわれていた。それぞれ350から750屬離侫乎を持ち、これほど巨大なフジの移植は全国的にも珍しいという。
移転費用6,000万円、前代未聞の引っ越しには150人以上の人々がかかわり、まるで大名行列を見ているようだったという。
準備の指導にあたったのは、女性樹木医第一号の塚本こなみさん。根の基に炭を敷き詰め、樹勢を吹き返しています。
「1996年11月女性樹木医第1号・塚本こなみ」と記されている。大藤の移植成功に炭も一役かいました。
フラワーパークの特長は3つある。第1に、生命力のすごさを感じさせる樹齢100年以上のフジ1,000本、60年以上のものも160本あり、5月が見頃という。
2つ目は、全国でも類をみない炭素埋設260トンによるイヤシロチ化で、落ちつきのあるやすらぎ環境となっている。水・空気が甦り、植物が生き生きと成長している。

磁場勢力と柿の保存

比較対照の種類      ●品名 富有柿
●11月15日収穫
●保存期間20日間
 
保存家屋の状況      (A)炭素埋設9年目
縁下敷炭10cm
 
柿 の 状 況      収穫直後よりやや柔らかいが外は変化なし
糖度 変化なし
 
保存家屋の状況      (B)小高い排水のよい家屋 炭埋なし
柿 の 状 況      1週間後に内部が柔らかくなりブョブョになる

この現象は、写真の如く全く同一の柿が保存場所によっては変質するもの、一方は、鮮度を維持しているものの根本要因は、電磁場勢力の強弱に起因する。
炭素の微弱な蓄電による静電気の増幅により地下、地上の空気・水分脈にマイナスの電荷をもつイオンが多くなり、物質の分解腐敗を進める酵素の働きが抑制される結果、果物の持つ多量の水分の酸化かおそいことに原因するものである。
反対に一般の住居内は、静電気の不安定によるエネルギーの現象が空気・水分等のプラスイオン化を進め酵素による分解促進が進む故に腐敗現象が起きる。 故に常に高い静電状態を維持する。
この炭素埋設の場の環境は全ての動・植・拡物の酸化分解を防ぎ安定が保たれる。
この技術の応用が電子物性技術であり電子農法である。この技術は非常に高度な半永久的勢力として地上に大きな影響を与える。

前
「炭素埋設」イヤシロチへのご案内
カテゴリートップ
「炭素埋設」
次
埋設作業工程例
「静電三法」と物質変性法
「化成会」「化成文化主義」
生活電子資材の紹介
炭素埋設
エレクトロングループ
リンクと推薦図書
問い合わせ
検索
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが エレクトロングループ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 4545
総計 : 146738146738146738146738146738146738